4/15〜デザイン変更中で見にくい部分があります。

【スイス旅行】スイストラベルパスとは?購入方法や値段、使用方法などについて詳しく解説します。

当ページのリンクには広告が含まれています。


スイス旅行者にオススメなお得なチケット Swiss Travel Pass“(スイストラベルパス)というチケットについてご紹介します。

結構高そうだけど、本当にお得なの?

後ほど料金表をご紹介しますが、確かに日本の電車運賃と比較すると乗り放題とはいえ高く感じてしまうかもしれません。しかし、正規料金の運賃はもっともっと高い!!

目次

スイストラベルパスとは?

スイストラベルパスを利用すると、スイス国内のほぼ全ての鉄道、バス、トラム、船が乗り放題になります。さらに、人気のお城を含め500以上のミュージアムに無料で入場できる「ミュージアムパス」が自動付帯!スイス旅行者にはとってもお得なパスと言えます。

山岳鉄道ロープウェーなど一部スイストラベルパスで無料になるものもありますが、多くは対象外です。しかし、スイストラベルパスを見せることで割引を受けることができるものが大半です。

スイストラベルパスの種類

スイストラベルパスにはスイストラベルパススイストラベルパス・フレックスの2種類があります。

この2種類のチケットの違いは「連続使用」か「フレキシブルな日程で使用」かの違いです。

また、24歳以下の若者は正規料金の30%OFFの価格のチケット「スイストラベルパス・ユース」、「スイストラベルパス・フレックス・ユース」を購入することができます。

スイスファミリーカード

スイストラベルパスを持つ親に同行する子ども【6歳〜15歳】は、無料で全ての公共交通機関を利用できる「スイスファミリーカード」をもらうことができます。

親がスイストラベルパスを購入する際に、ファミリーカードを使用する子どもの情報を登録します。
ファミリーカードで旅行する際は、スイストラベルパスを持つ親が同行しなければなりません。
6歳未満の子は無料です。

料金はこの後紹介します。

スイストラベルパスの使用方法

オンラインで購入から受け取りが完結するチケットで、一度購入したらチケットを画面保存もしくはプリントアウトして持ち歩きます。

スイスは改札がありません。

車内で不定期に車掌さんがチケットの確認に来るので、その際にスイストラベルパスパスポートを見せるだけでOK!

もちろん携帯の画面でも構いません。とても便利です。このパスを買っておけば電車やトラムの値段を考えずに移動できるので旅のストレスも軽減!

必ずパスポートも一緒に持ち歩くようにしてください!

スイストラベルパスの料金

料金は、年齢、日数、使用方法、車両クラスによって変わってきます。

スイスの電車には1等車と2等車という2種類の車両クラスがあります。1等車は日本でいう新幹線のグリーン席のような感じでグレードが高い席です。

スイスの電車は比較的きれいで2等車でも全く問題なく利用できます

日数スイストラベルパススイストラベルパスフレックス
25歳以上24歳以下25歳以上24歳以下
3日間244.-172.-279.-197.-
4日間295.-209.-339.-240.-
6日間379.-268.-405.-287.-
8日間419.-297.-439.-311.-
15日間459.-328.-479.-342.-
2024年12月31日までの値段

ユースは24歳以下の値段です。

日数スイストラベルパススイストラベルパス
フレックス
一般ユース一般ユース
3日間244.-172.-279.-197.-
4日間295.-209.-339.-240.-
6日間379.-268.-405.-287.-
8日間419.-297.-439.-311.-
15日間459.-328.-479.-342.-
2024年12月31日までの値段

6歳未満の子は無料です。
スイストラベルパスを持つ親に同伴する6歳〜16歳の子は無料のファミリーカードをもらえます。購入時にファミリーカードを使う子の情報を登録します。

短期間で毎日あちこち遠出したい!という方には通常のスイストラベルパスがおすすめです。

少し長めの滞在で予定も定まらない時にはスイストラベルパスフレックスがおすすめです。また、長期滞在の方にはこの後紹介する別のチケットの方がお得になる可能性もあります。

スイストラベルフレックスの方が自由度が高い分料金も高いです。

スイストラベルパス購入方法

SBBカウンターで購入

主要駅のSBBカウンターで購入できます。場所や時間によっては混雑していることがあるので、現地でのカウンター購入はあまりオススメしません。以下の事前のオンライン購入がおすすめです。

SBB公式サイトで購入

SBBの公式サイトから購入できます。対応言語は英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語で、日本語ページはありません。購入するとEメールで電子チケットが送られてきます。スイスフラン決済です。

オンライチケット予約サイトで購入 ★おすすめ!

旅行チケット購入サイトKlookで購入できます。日本語ページなので分かりやすく簡単に購入できます。また、なんといっても強みは日本円決済ができるところ!

SBB公式サイトからだとスイスフラン決済になってしまうため、日本のクレジットカードで支払う場合はカード会社規定の為替手数料がかかってしまいます。しかし、Klookなら日本円決済ができるので日本のクレカを使う場合は少しお得にチケットが買えます。

しかもポイントを貯めることもできるんです!こちらのサイトで購入手続きが完了すると、SBB公式サイトで購入した場合と同じフォーマットのチケットがEメールで送られてきます。

購入方法がとっても分かりやすい!実際に購入した人のレビューも見れます。Klookでの購入オススメです!

本当にお得?料金を比較!

スイストラベルパスは、日数が長くなるほどお得なチケットです。

2等車のスイストラベルパス料金を日数で割ってみると以下のようになります。

日数スイストラベルパス1日あたりの値段
25歳以上24歳以下25歳以上24歳以下
3日間244.-172.-81.-57.-
4日間295.-209.-74-52.-
6日間379.-268.-63.-45.
8日間419.-297.-52.-37.-
15日間459.-328.-31.-22.-
CHF / 2024年12月31日までの値段

ユースは24歳以下の値段です。

日数スイストラベルパス1日あたりの値段
一般ユース一般ユース
3日間244.-172.-81.-57.-
4日間295.-209.-74-52.-
6日間379.-268.-63.-45.
8日間419.-297.-52.-37.-
15日間459.-328.-31.-22.-
CHF / 2024年12月31日までの値段

これって実際安いの?

これがどのくらいお得なのかを示すため、正規料金及びハーフフェカードでの料金をいくつか例示してみます。

料金比較
2024年

正規料金の片道・往復運賃と、ハーフフェアを使用した場合の片道・往復運賃を比べてみます。

スクロールできます
区間片道往復ハーフフェア片道ハーフフェア往復
チューリッヒ ⇨ ベルン 53106 26.5 53
チューリッヒ ⇨ ルチェルン275413.5027
チューリッヒ ⇨ サンモリッツ801604080
ベルン ⇨ ツェルマット941884794
CHF
スクロールできます
区間片道往復ハーフフェア片道ハーフフェア往復
チューリッヒ ⇨ ベルン 53106 26.5 53
チューリッヒ ⇨ ルチェルン275413.5027
チューリッヒ ⇨ サンモリッツ801604080
ベルン ⇨ ツェルマット941884794
CHF

は、1ヶ月間有効で料金はCHF120.-です。

ハーフフェアカードって何?という方はこの記事もあわせてどうぞ。

正規料金がいかに高いか…!

24歳以下の若者はスイストラベルパスが圧倒的に安いと思います。

そして、このように並べてみると、ハーフフェアカードも結構お得なんですよね。

しかし、これはあくまで1箇所〜1箇所の料金比較です。1日のうちに複数の場所を巡りたい場合はまた料金が変わってきます。

正規料金よりスイストラベルパスの方がはるかにお得だね。でも、ハーフフェアカードとどちらがお得なのかいまいちわからない。

そうです。これは、もう旅程を実際に組み立てて比較するしかないのです。

そして忘れがちですが、ハーフフェアカード代が120スイスフランかかりますからね!

ということで、例として正規料金、ハーフフェアトラベルカード、スイストラベルパスを使った場合の料金比較をした記事を作成しましたので、参考にしてみてください。

旅程が同じでなくても、費用の計算方法やチケット料金など参考になると思います。

スイストラベルパスの見本

実際に以前初めて家族のためにSBB公式サイトからオンライン購入したスイストラベルパスがこちら↓

このQRコードを乗務員さんが機械で読み取りチェックします。携帯の画面表示でも良いです!しかし、念の為紙で印刷して持ってきておくと安心です。


以上スイストラベルパスの解説でした!良い旅を!

新着記事のお知らせを受け取れます

Yuki-Swiss - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

プロフィール

スイス人夫とスイスで生活している平凡な日本人です。
趣味は海外旅行で、とにかく観光が大好きです。
「痒い所に手が届く"お役立ち"情報」をモットーに《スイス観光情報》や《スイスでの生活に関すること》などを主に発信しています。
将来の夢はスイスでツアーガイドになることです。

目次